わたしの家すやまは、大阪枚方市でデイサービス・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)・居宅介護支援・訪問介護・障がい福祉のサービスを提供しています。

脳学部

脳にも体操が必要!

体の運動機能の維持のために体操やエクササイズが重要だと聞かれたことはあると思います。実行されている方も多いでしょう。でも、頭の体操はされていますか?体を動かすのと同じように、脳の体操も重要なのです。

わたしの家大学脳学部は、読み書きとやさしい計算、またコミュニケーションをして、脳の司令塔である前頭前野の活性化を図る授業を行っています。

学科名 教授
脳育学科  [個] 脳トレ 伊藤博・谷口律子・井口みどり
 [個] パソコン 真下益・松居基夫
 [個] 手話 植地祥子
 [全] 歴史、地理 安藤勝子
 [全] 国語 井口みどり
 [個] そろばん 安藤勝子
 [全] 早口言葉 デイスタッフ
 読書学科  [個] 朗読 松居基夫
ゲーム学科  [個] 囲碁、将棋 和田喜一
 [個] 麻雀、カードゲーム デイスタッフ
笑い学科  [全] 笑いヨガ 杉永裕子
 [全] ほがカラ 加藤重雄
 [全] 落語、漫談、漫才

脳育学科

脳は、大脳、小脳、脳幹と呼ばれる三つの部分に大きくは分かれます。その中でも生物の進化の過程で一番最後に発達した部分が大脳です。人間の大脳の中で前頭前野は30%という大きな領域を占め、「大きく発達した前頭前野を持つ」ということが人間の特徴です。高次の機能を持った前頭前野が、人間を人間たらしめていると言われています。

脳育学科では、脳科学で前頭前野を活性化させると証明されている読み書き・やさしい計算、またIT学習などを通して脳の活性化を図ります。

脳トレ

 

計算(足し算引き算)、迷路、見本を見ながらの色ぬり、文章を読んで正しく清書、お金のおつりの計算、楽しく学べるように行っています。

難しい問題で「できない」とプライドを傷つけることがないよう、負担が少ないやさしい問題をスラスラ解いていただき、達成感・充足感を持っていただけるように工夫しています。このことが前頭前野の活性化に繋がります。

教授:井口みどり

小学校教員歴37年

パソコン

初心者から上級者まで、どんなことでも一緒に学べます。目標を立てて取り組んで行きます。

教授:真下益

枚方市老人介護者(家族)の会会長

教授:松居基夫

兵庫県立大学客員教授、NPO明るいシステム倶楽部理事、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

ゲーム学科

テーマやルールに沿ってみんなでコミュニケーションを取り、また、手と頭を連動させることによって脳を活性化させます。

将棋

将棋は相手がどんなことを仕掛けてくるのか想像し、先を読むゲームです。また、対戦相手との駆け引きもあり、脳を活性化させます。

麻雀

脳科学者が行った調査では、麻雀をしている人の方がしないない人よりも、脳年齢が平均3歳若かったというデータがあるそうです。

麻雀は相手の裏をかく、先読みをするという高度な技術が必要で、また、指先を動かすこと、4人で行うゲームなのでコミュニケーションを取ることも脳の活性化に役立ちます。

カードゲーム

トランプを使ったゲームです。トランプの数字やマークを覚えたり、相手を出し抜く作戦を考えたり。また、多人数で行うゲームですのでコミュニケーション能力も鍛えられます。

毎回笑い声が絶えないクラスになっています。

笑い学科

ウイルスやがん細胞を壊すナチュラルキラー細胞は、笑うことにより増えることがわかっています。また、免疫力は高すぎると逆に自分自身を攻撃し、膠原病の原因にもなります。しかし、「笑い」は高いものを低く、低いものを高く丁度よく調整してくれます。つまり、「笑い」は体の免疫力のバランスを取ってくれます。

大人は1日16回くらいしか笑わないそうです。笑い学科で笑って、ウィルスやがん細胞をやっつけましょう!

笑いヨガ

笑いヨガは、インド人の医師が考案した、ヨガの呼吸法と笑いの体操を組み合わせた運動法です。

おかしいと感じて笑っても、理由のない作り笑いでも、体への健康効果は同じだそうです。最初はおかしくなくても、グループで体操をしているうちに、自然とお腹からの大笑いになります。

お気軽にお問い合わせください TEL 072-898-2216 受付時間9:00〜17:00[土・日除く]

PAGETOP
Copyright © 有限会社 わたしの家すやま All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.